アニメ無料視聴方法

ダイの大冒険(アニメ)見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法【1話~最終回まで全話広告なし】あらすじネタバレ・キャスト声優

ダイの大冒険

\今すぐ無料でこのアニメを見たい/

31日間以内の解約で完全無料

TVアニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の見逃しフル動画配信を、全話無料で見る方法を紹介します。

チャンネルや放送時間はこちら
テレビ局テレビ東京系列
放送日2020年10月3日~
放送時間毎週土曜日 9:30~

各話のあらすじ感想(ネタバレあり)やキャスト声優情報も紹介中です。

ダイの大冒険(アニメ)見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法

TVアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の見逃し動画配信は、U-NEXT(ユーネクスト)での視聴がオススメです!

31日間無料・広告CMなし・全話フルで快適に視聴できます。

U-NEXT(ユーネクスト)は月額1,990円(税抜)の動画配信サービスで、31日間の無料お試し期間あり!ダイの大冒険だけでなく、19万本以上の動画や80誌以上の雑誌が見放題です。

もちろん無料お試し期間中に解約すれば、一切料金はかかりません!

\31日間無料でお試し/

31日以内の解約で完全無料[1,990円→0円]

ダイの大冒険の動画配信状況

ユーネクスト以外の動画配信サービスでの、ダイの大冒険の動画配信状況をまとめました。

おすすめ動画配信サービス
サービス配信状況無料期間
ユーネクスト
見放題
31日間無料
dアニメストア
見放題
31日間無料
hulu
見放題
14日間無料
telasa
見放題
30日間無料

ダイの大冒険を無料で見放題なのは、上記の動画配信サービスです。

その中でも1番のおすすめはU-NEXT(ユーネクスト)。

無料期間が31日間と長く、見放題のアニメの配信数もNo.1!ダイの大冒険の他にも、たくさんのアニメを楽しむことができます。

ダイの大冒険の動画を1話から全話見たい方は、まず初めにユーネクストの無料体験に登録してみましょう!

\31日間無料でお試し/

31日以内の解約で完全無料[1,990円→0円]

U-NEXTの概要(料金・無料お試し期間・解約方法など)

U-NEXT(ユーネクスト)はアニメ・ドラマ・映画・バラエティなど19万本以上の人気動画や、80誌以上の雑誌が見放題の動画配信サービスです。

TVアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』が1話~最終回まで見放題!

動画だけでなく、雑誌も無料で見放題なのが魅力!配信コンテンツは日本最大級の動画配信サービスです。

U-NEXTの料金など主な特徴はこちらの表をご確認ください。

項目U-NEXT
無料期間31日間無料
月額料金1,990円(税抜)
※無料期間終了後に課金開始
ポイント付与1,200pt
※無料トライアル期間中は600pt
見放題作品数動画190,000本以上
雑誌80誌以上
配信ジャンルアニメ・ドラマ(国内/海外)・映画・バラエティ
対応デバイススマホ・テレビ・パソコン・タブレット・ゲーム機
ダウンロード機能あり

動画をダウンロードして、スマホやタブレットでオフライン視聴可能!

通信量を気にせず、いつでも楽しめます。

他の動画配信サービスに比べると無料期間が長いので、たっぷりお試しできます!

▼U-NEXTの登録・解約方法はこちら

登録方法を見る

step1.
公式サイトにアクセス
U-NEXTにアクセス
U-NEXT公式サイトはこちら

step2.
「まずは31日間 無料トライアル」をタップ
画面中央の「まずは31日間 無料トライアル」をタップ

step3.
必要情報を入力し、「次へ」をタップ
名前やメールアドレスなどを入力し、画面を下にスクロール。「次へ」をタップ
ユーネクスト登録方法-必要情報を入力し、「次へ」をタップ

step4.
決済方法を選択し、「送信」をタップ
決済方法を選択し、画面を下にスクロール。「送信」をタップ
ユーネクストの登録方法-決済方法を選択し、「送信」をタップ

以上でU-NEXT31日間無料トライアルの登録が完了です。

解約方法を見る

step1.
公式サイトにログイン
U-NEXTにログインし、左上のメニューを開く
ユーネクスト解約方法-公式サイトにログイン

step2.
「設定・サポート」をタップ
メニューの「設定・サポート」をタップ
ユーネクスト解約方法-「設定・サポート」をタップ

step3.
「契約内容の確認・変更」をタップ
画面を下にスクロールし、「契約内容の確認・変更」をタップ
ユーネクスト解約方法-「契約内容の確認・変更」をタップ

step4.
「解約はこちら」をタップ
契約内容の確認・変更の「解約はこちら」をタップ
ユーネクスト解約方法-「解約はこちら」をタップ

step5.
「次へ」をタップ
画面を下にスクロールし、「次へ」をタップ
ユーネクスト解約方法-「次へ」をタップ

step6.
アンケートに回答し、「解約する」をタップ
アンケートに回答し、画面を下にスクロール。「同意する」にチェックを入れて「解約する」をタップ
ユーネクスト解約方法-アンケートに回答し、「解約する」をタップ

以上でU-NEXTの解約が完了です。

\31日間無料でお試し/

U-NEXTで配信中のアニメ・コンテンツ

ダイの大冒険以外にも、ユーネクストでたくさんの動画を見ることができます。

視聴可能な人気コンテンツをピックアップしました!

U-NEXTで配信中の2021冬アニメ
進撃の巨人Final Seasonリゼロ2期後半ワールドトリガー2期
約束のネバーランド2期Dr.STONE2期弱キャラ友崎くん
転生したらスライムだった件2期七つの大罪 憤怒の審判アイドールズ!
じみへんっ!!~地味子を変えちゃう純異性交遊~PUI PUI モルカーウマ娘プリティーダービー2期
僕ら的には理想の落語アイ★チュウエビシー修業日記
SHOW BY ROCK!! STARS!!たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語装甲娘戦機
五等分の花嫁∬2.43清陰高校男子バレー部ゲキドル
裏世界ピクニックおとなの防具屋さん2期ラグジュアリー版オルタンシア・サーガ
WIXOSS DIVA(A)LIVE怪病医ラムネ天地創造デザイン部
怪物事変スケートリーディング☆スターズIDOLY PRIDE
バック・アロウ闇芝居8期真中華一番!2期
WAVE!!~サーフィンやっぺ!!~はたらく細胞!!2期はたらく細胞BLACK
魔道祖師SK∞ エスケーエイトアイカツプラネット!
ゆるキャン△2期アズールレーン びそくぜんしんっ!俺だけ入れる隠しダンジョン
ワンダーエッグ・プライオリティログ・ホライズン 円卓崩壊八十亀ちゃんかんさつにっき3さつめ
ホリミヤ無職転生 ~異世界行ったら本気だす~のんのんびより のんすとっぷ
小野下野のどこでもクエスト2期文豪ストレイドッグス わん!蜘蛛ですが、なにか?
ワールドウィッチーズ発進しますっ!魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編回復術士のやり直し
ぶらどらぶ

※2021年1月時点。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトをご確認ください。

\31日間無料でお試し/

31日以内の解約で完全無料[1,990円→0円]

ダイの大冒険(アニメ)各話あらすじ感想まとめ

かつて、魔王ハドラーにより苦しめられていた世界は、 「勇者」と呼ばれた一人の剣士とその仲間たちの手により平和を取り戻した――

時は流れ…。魔王から解放されたモンスターたちが暮らす南海の孤島・デルムリン島。

島唯一の人間であり、勇者に憧れる少年「ダイ」は、モンスターたちと平和に暮らしていた。

だが、その暮らしも、魔王ハドラーの復活により一変する。

師との約束、仲間との出会い、逃れられぬ宿命…再び危機が訪れた世界を救うため、勇者を目指す少年・ダイの冒険が始まるー!

出典:TVアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』公式サイト

各話のあらすじ感想は、順次更新していきます。
1話「小さな勇者、ダイ」(10/3)

デルムリン島に住む少年・ダイは、勇者に憧れながらも、育ての親の鬼面道士・ブラスのもとで魔法使いとしての修業をする日々を送っていた。ある日、デルムリン島に、勇者とその仲間らしき一行を乗せた船がやってくる。憧れの勇者の登場に大興奮のダイ。しかし、彼らはじつはニセの勇者パーティーだった。ニセ勇者たちの狙いは、世界に一匹しかいないと言われる幻の珍獣・ゴールデンメタルスライムのゴメちゃんを奪うこと。さらわれた大親友のゴメちゃんを取り戻すため、ダイは、ブラスから渡された魔法の筒を手にニセ勇者たちを追う。船上でロモス王を欺きゴメちゃん捕獲を報告するニセ勇者たちに追いついたダイは、魔法の筒に封印されたモンスターたちの力も借りながら、ゴメちゃんの奪還を成功させる。勇敢に戦うダイの姿に心を打たれたロモス王は、ダイを称え、「覇者の冠」を授けるのだった。 そうして再び魔法の修業に励む日常に戻ったダイ。そんなとき、島に再び船がやってくる。船から現れたのは、パプニカ王国の司教テムジンと賢者バロン、そしてレオナと名乗る姫だった。

1話の感想(ネタバレあり)

デルムリン島で住むダイは、勇者になることに憧れていたようですが、ブラスじいちゃんから魔法使いになるようにしむけられていて、ダイが反発しているところがなんでもいえる仲間なんだなと感心しました。偽勇者たちが、ダイたちを騙して仲間のモンスターをボコボコにして、ゴメちゃんを連れ去ったところは、勇者のくせにダメだろうと思いました。ダイたちが偽勇者たちにモンスターたちを連れてきてダイと一緒に戦わせ、偽勇者たちにギャフンといわせたところは最高でした。
30代女性

ダイの大冒険は、モンスターが仲間というかダイのお友達なんですね。そしてゴメちゃんが攫われたから、冒険に出るのかと思ったら、ダイと仲間たちの活躍で無事にゴメちゃんを救出。その時に貰った冠が、勇者の証なのかな。最後に登場したお姫様のあの顔とあの発言、めちゃめちゃ性格悪そうですね。もしかして、あれがヒロインなのかな。それにしても、偽勇者軍団の声優が下野さんと日笠さんって豪華すぎる。きっとまた会うんだろうな。
20代女性

原作がかなり昔の作品で子供の頃によく読んでいたので現代にてアニメ化されたのはかなりわくわくしましたが、今の映像技術をふんだんに駆使した形になっていたのがとてもきれいで良かったです。ごめちゃんはともかく鬼面道士のブラスのフォルムが意外にもかわいらしく描かれているのが印象的でした。全てはここからが始まりである偽勇者とのバトルも映像で改めて観ると子供ながらいい剣さばきをしていて今後の成長を匂わせる迫力が滲み出ていてかっこよかったです。
30代男性

ゲームのドラゴンクエストの絵柄の担当が有名な漫画家と覚えていただけに楽しみにしていましたが、この作品は違う方と見てから気付き全体的に可愛らしくなっている所が新鮮に感じました。また、ダイがモンスターたちと戯れる光景にビックリしてしまい、父親代わりが優しい表情の鬼面道士というのも本来のドラゴンクエストとは全く違っているため衝撃的な印象を受けました。ダイとモンスターたちが協力して挑む姿が素晴らしく、悪者のニセモノ勇者の胡散臭い事には笑ってしまい邪な人間こそがモンスターに思えてしまう内容は意味が深いなと感じました。
30代男性

2話「ダイとレオナ姫」(10/10)

レオナがデルムリン島にやってきた目的は、賢者になるための儀式を受けること。ダイは、儀式の舞台となる地の穴までレオナたちを案内することになる。何でも思った通りに発言するレオナに当初は反感を抱いていたダイだったが、行動を共にするうちに打ち解けていく。レオナは魔法が苦手なダイに、パプニカ王家に伝わるナイフをプレゼントする。 そんなとき、突然、巨大な魔のサソリが現れ、一行に襲い掛かってくる。ダイはなんとかサソリを撃退するものの、攻撃を受けたレオナは毒に侵されてしまっていた。じつは魔のサソリは、テムジンとバロンがけしかけたもの。二人は儀式中の事故に見せかけてレオナを殺害しようとしていたのだ。毒が回り、だんだんと弱っていくレオナ。しかし、解毒呪文(キアリー)ができないダイにはなすすべがない。ダイが彼女を救いたいと強く願ったそのとき、彼の額に紋章が浮かび上がる。ダイは普段では考えられないほどの魔法力を発揮し、バロンが操る殺人機械・キラーマシーンを見事に撃破。キアリーで無事に回復したレオナは、儀式を終わらせたのち、ダイと再会の約束を交わして島を離れるのだった。 そのころ、どこか別の場所で、ある二人の男が魔王復活の気配を感じ取っていた……。

2話の感想(ネタバレあり)

パプリカから、王女レオナがダイたちの島にきますが、その性格からずけずけ言ってダイに小さいなどというもんですから、最初は嫌なやつだなと感じました。しかし、ダイと話をしていくうちに気をつかいたくない、いいやつだということがわかりダイは恋心を抱きます。レオナは、パプリカの重臣たちに騙されモンスターに襲われますが、ダイがキラーマシンに乗った重臣の仲間をやっつけて、レオナを助けたシーンは、さすがダイだなと思い、かっこよかったです。
30代女性

ダイの大冒険は、モンスターが仲間というかダイのお友達なんですね。そしてゴメちゃんが攫われたから、冒険に出るのかと思ったら、ダイと仲間たちの活躍で無事にゴメちゃんを救出。その時に貰った冠が、勇者の証なのかな。最後に登場したお姫様のあの顔とあの発言、めちゃめちゃ性格悪そうですね。もしかして、あれがヒロインなのかな。それにしても、偽勇者軍団の声優が下野さんと日笠さんって豪華すぎる。きっとまた会うんだろうな。
20代女性

キアリー自体懐かしいフレーズで思わず漫画を読み返そうかなと思うところもありましたがダイの隠された力がいざという見せ場的な場面で発揮されてスッキリとした回に感じられました。自分よりもサイズが大きな毒サソリを撃退する姿は勇敢で倒すまでのくだりが安定感のバトルシーンだったかなというのと、キラーマシーンまで倒すところも迫力があってすごかったです。自分では現状魔力をコントロールできないんでしょうが今後自らの力にしたらすごい戦闘力になるなと期待感がありました。
30代男性

現代的な女性らしさと王家の家柄だけに思った事をズバズバ話すレオナにはダイと同じように違和感しかなく序盤はイライラさせられましたが、ダイとの絆に繋がる展開がちゃんと用意されていて王道の物語とわかっていてもとてもいい演出でした。巨大なモンスターのサソリが出てきてレオナを危機に陥れた展開はドラゴンクエストらしさを感じましたが、バロンたちがヤラかした行動の邪さがイヤになるくらい人間の醜さを感じさせてくれる内容はいいとは思いますが、ドラゴンクエストとは何処か別物に思えました。
30代男性

3話「勇者の家庭教師」(10/17)

いつものようにダイがモンスターたちと戯れていると、突然モンスターが凶暴化し出す。何らかの暗黒の力がモンスターたちに影響を及ぼしているようだ。危険を感じ取ったブラスはダイをデルムリン島から逃がそうとするが、ダイはそれを拒否。ダイとブラスが押し問答を続けていると、そこに勇者育成業を営むアバンと、その弟子の魔法使い・ポップが現れる。アバンは島を破邪呪文(マホカトール)で浄化して、魔王が復活したこと、そしてパプニカ王家からの依頼を受けて、ダイを勇者に育て上げるためにやって来たと告げる。大切な人を脅かす魔王を打ち倒すため、ダイはアバンのもとで修業することを決意する。 さっそく特別(スペシャル)ハードコースの特訓に臨むダイ。相変わらず魔法は苦手だが、剣の腕はアバンの教えを吸収して目覚ましい成長を見せる。アバンはポップも特別ハードコースに誘うが、ポップはその厳しさに尻込みし、参加する気にはなれずにいた。 修業2日目、アバンはダイに自身の必殺技・アバンストラッシュを披露。そして、アバンストラッシュをマスターするためには、大地・海・空すべてを斬るアバン流刀殺法を身に付けねばならないと言う。ダイはその日のうちに、初歩となる大地斬を会得した。 そして修業3日目。この日アバンがダイに与えた課題は「ドラゴンに変身したアバンと戦う」というものだった。

3話の感想(ネタバレあり)

アバンとポップが島にやってきて、魔王が復活したことを告げ、ダイに勇者になる修行をします。ダイは、厳しい修行に挫折しそうになりますが、岩を切れるようになったところは、ダイは努力家だなとすごいなと思いました。ポップは、メラゾーマやヒャダルコなど使いますがマホトーンをかけられたりと少し詰めが甘いところが、少し大丈夫かなと不安になりました。ダイは大地斬をあっという間に修得したところは、才能にあふれているなと驚きました。
30代女性

ダイの大冒険は、モンスターが仲間というかダイのお友達なんですね。そしてゴメちゃんが攫われたから、冒険に出るのかと思ったら、ダイと仲間たちの活躍で無事にゴメちゃんを救出。その時に貰った冠が、勇者の証なのかな。最後に登場したお姫様のあの顔とあの発言、めちゃめちゃ性格悪そうですね。もしかして、あれがヒロインなのかな。それにしても、偽勇者軍団の声優が下野さんと日笠さんって豪華すぎる。きっとまた会うんだろうな。
20代女性

アバンストラッシュというのも2話のキアリーに続き懐かしい言葉でありこの作品の序盤のキーともなるアバンの代名詞でもあり特訓のくだりも含めて興味深い内容でした。ダイに比べてだらしない感じのポップも原作通りな姿で今はあんな感じだけどもいずれはポップにも見せ場がくる回を楽しみにしたいなと思いました。ダイの吸収の速さはおそらくセンス的なものなんでしょうがどんな主人公も良き師匠に出会えている印象があるなあと改めて感じられました。
30代男性

ブラスは鬼面道士というモンスターながら大切に育てた人間のダイを危機的な状況から救おうとする姿はまさに我が子を思う親心と感じさせるのがとても良く感動で多様性を認め合う社会に通じる内容だなと思いました。勇者育成する仕事がある設定にはビックリさせられ、現れたアバンと弟子のポップはどう見ても怪しさプンプンだけにまたも厄介事を起こすダメな奴らと思ってしまった自身の偏見に気付かされた所に笑ってしまいました。ダイがアバンの元で修行を始めて初歩をその日に習得してしまうアッサリした展開さは放送上都合とは思いましたがもう少し時間をかけて描いて欲しく思いました。
30代男性

4話「魔王ハドラーの復活」(10/24)

火竜変化呪文(ドラゴラム)でドラゴン化したアバンは容赦なくダイを攻撃する。ダイはナイフで応戦するも、鉄よりも固いドラゴンの皮膚には歯が立たない。アバンが吐き出す炎を破るためには、力の技・大地斬ではなく、スピードの技・海波斬が必要だ。そのことに気付いたダイは、ぶっつけ本番で海波斬をマスターするのだった。 ダイが課題をクリアしたそのとき、一同は、強大な力を持った何者かが島に入ってこようとする気配を感じ取る。マホカトールの結界を破ってアバンたちの前に現れたのは、なんと魔王ハドラーだった……! ハドラーは、アバンがかつて自分を倒した勇者であること、アバンに敗れたあとに大魔王バーンの力によって蘇ったこと、そして現在は魔王軍全軍を束ねる魔軍司令となったことを語る。ハドラーの極大爆烈呪文(イオナズン)に、アバンストラッシュで応じる。しかし、特訓で魔法力を消耗していたアバンは、以前よりも力を増したハドラーに劣勢を強いられる。思わずダイが加勢するが、小さな傷を負わせるだけで軽くあしらわれてしまう。ダイの攻撃に逆上したハドラーは、ダイとポップに向けて閃熱呪文(べギラマ)を放つ。絶体絶命かと思われたそのとき、アバンは自らの体を投げ出しダイたちをかばう!

4話の感想(ネタバレあり)

今回の話でアバン対ハドラーの対決が描かれていたのですが、2人ともすごくかっこよかったです。やっぱり魔法対決と言うのはこのアニメの醍醐味だと思います。いろいろな魔法が飛び出してくるんですがほんとにその魔法の特色が色濃く出ている演出がなされているので見ていてとても面白い感じで見ることができます。イオラの爆発なんてほんとにすごい威力でかなりの破壊力があるとわかり面白いです。
30代男性

アバンがダイ達に修行をしてくれます。師弟の関係を感じられて本当に和みました。そこに現れる魔王ハドラー、かつてない強敵のオーラで魔法陣を粉砕し出現する姿には恐怖を感じましたね。ゲーム序盤から現れるラスボスクラス、そして現役最強クラスのアバンの戦いは本当に見入りました。ハドラーは自分より上にさらに大魔王がいると言いたので絶望感が凄いです。
20代男性

ダイとアバンとの修行の中でアバンが『ドラゴラム』の呪文を使って、ダイと戦う荒療治をすることになり恐ろしいことをするなと思いました。実際ダイがパプニカのナイフで切り付けてもドラゴンの皮膚は鋼鉄のように硬く、全く歯がたちませんでした。ただ今までの修行の中で得た『海波斬』を使ってアバンの鼻に傷をつけ、戦いに勝てて良かったと思います。その後、アバンがデルムリン島に張り巡らせた『マホカトール』がある魔物によって破られます。『魔王ハドラー』が現れました。そのことによりアバンがかつて勇者だったことが分かり、ハドラーとの戦いが進みます。かつて戦った時に比べ強くなっていて次回どうなるか楽しみです。
30代男性

原作でもアバンとの修業は短かったですが良い感じにまとめられていると感じました。ドラゴラムの後の鼻血が腫れに変更されたのは多分規制があるから仕方ないのでしょうか。ハドラーもようやく出てきて最初は声優も変わったのでどうかなと思いましたが概ね満足でした。後は一番の見どころのベギラマですがかっこよく作られていて良かったです。なぜかギラ系が強いのがダイの大冒険なので今回の作画は満足でした。また5話にうまく繋げているなと思いました。
30代男性

5話「アバンのしるし」(10/31)

ハドラーが放ったベギラマは、ダイとポップをかばったアバンに直撃。アバンは今の自分たちの戦力では勝機がないことを悟る。一計を案じ、覚悟を決めたアバンはダイたちにアストロン(鋼鉄変化呪文)をかけ、二人の弟子に卒業の証「アバンのしるし」を与える。身体が鋼鉄と化したダイとポップは、アバンが死ぬ気であることに気付きながらも、戦いを見守ことしかできなかった。アバンは自らの全生命エネルギーを爆発力に変えて、自己犠牲呪文≪メガンテ≫を放つ……!

しかし、彼の最期の大呪文でもハドラーを倒すことはかなわなかった。ハドラーは遺されたダイとポップにとどめを刺そうとするが、ダイはアストロンを破って応戦。そのとき、ダイの額には再び紋章が浮き上がる。ダイ渾身のアバンストラッシュを受けて大怪我を負ったハドラーは、捨て台詞を残して島を去っていった。立ち込めていた暗雲が晴れ、以前の静けさを取り戻したデルムリン島。ポップはアバンを失った悲しみに暮れ、ダイはアバンの言葉を思い返してある決断をする。

一方、魔王軍の拠点・鬼岩城に戻ったハドラーは、ダイの額に浮かび上がる紋章が、竜(ドラゴン)の紋章であり、ダイが竜(ドラゴン)の騎士ではないかと考え、必ずダイを叩き潰すという決意を固めるのだった。

5話の感想(ネタバレあり)

この回でのアバンストラッシュの画面がとてもかっこよくて大好きでした。やっぱりこの技はダイの大冒険では欠かせないものになっていると思います。旧アニメの頃のアバンストラッシュよりなんだかスタイリッシュになってるような気がしました。でもこれはこれで新しい感じがしていいですね。やっぱりあの構えがアバンストラッシュの特徴なのでいろいろと思い出がフラッシュバックしてしまいました。ダイが覚醒した感じも凄く良かったです。
30代男性

今回はアバンが大活躍です。ハドラーの想像以上な強大な力、それになんとか立ち向かっている様子が素晴らしいと感じました。特に良かったのはダイ達をメタル化して守り、笑顔で見送り剣を構えます。実力が上のハドラー相手に放った自爆の魔法これで大ダメージをハドラーに与えたのでした。その後覚醒したダイはハドラーを追い詰めました。師匠の意思を継ぐダイの構図がカッコよく今回はある意味頂上決戦の神回だと感じました。
20代男性

アバンとハドラーの戦いでハドラーの強さを悟り、アバンが覚悟を決めるシーンが感動的でした。ダイやポップ、ブラスとゴメちゃんにそれぞれ『アストロン』をかけ固まらせ動けなくし、卒業の証である『アバンのしるし』をダイとポップに挙げるシーンです。特にポップがアバンへ「先生、無茶をしないで」という言葉が気持ちの優しい人なんだなと思いました。その別れとも言われるシーンを経てアバンはハドラーに『メガンテ』を放ち、命を懸けてハドラーに攻撃しダメージを与えますが死には至りませんでした。その後ダイとハドラーの戦いの中で『アバンストラッシュ』を放ち、ハドラーを一時退散させますが次回がどうなるか楽しみです。
30代男性

アバンとの別れの話ですが、原作を読んでいると上手く補足されているというか伏線が張られていると感じました。アバンがメガンテを使ったのになぜかミナカトールが消えないなど。原作を読んでいるとここは少しなるほどなと思いました。後はハドラーとの戦いでしっかり鼻水が書かれていたのは良かったです。ここまで原作に似せているのかと思いました。今回一番感慨深かったのが2020年に最新の映像でアバンストラッシュが見れたことですね。とてもかっこよかったです。
30代男性

6話「獣王クロコダイン」(11/7)

アバンの遺志を継いで大魔王バーンを倒すため、ダイは島を出ることを決意する。ポップもダイと共に船に乗り込んみ、ロモス城を目指す。道中の魔の森で二人はモンスターに襲われてていたところを、魔弾銃(まだんガン)を操る少女・マァムに救われる。 マァムたちと別れたダイたちが再び道に迷っていると、彼らの前に、ハドラーからダイ討伐の命を受けた百獣魔団の軍団長・獣王クロコダインが現れる。ポップは強大なパワーを持つクロコダインに恐れをなして、その場から逃げだしてしまう。残されたダイは大地斬で応戦するも、クロコダインはびくともしない。攻守に隙のないクロコダインを前に、ダイはじりじりと追い詰められていく……。 ダイが苦戦しているその頃、ポップは、ゴメちゃんを届けるためにダイたちを追いかけていたマァムと合流していた。マァムがアバンのしるしを持っていることに気付いたポップは、彼女と共にダイの元へと戻る。身体がしびれて動けず危機に瀕していたダイに、マァムは魔弾銃を放つ――!

6話の感想(ネタバレあり)

この話でクロコダインと言うワニのキャラクターが出てくるんですが、どんな声になるのか心配していました。でもそんな心配は微塵も感じさせない位ハマっていたのでとてもうれしかったです。やっぱり旧シリーズのアニメが名作として語り継がれているのでかなりのハードルは上がっていたかと思いますが、そのハードルを超える位声優陣が頑張っている感じがしてとても好感が持てます。やっぱりキャラクターに声が合っていないと物語がなかなか頭に入って来ません。
30代男性

ダイはかなり魔王に警戒されていましたね。普通の魔人から見たらただの子供です。なので警戒している隙を見て、最大パワーをぶつければかなり倒すのは容易な気がします。それでもかなり厄介な敵ですが、今回も魔神の一体がダイに襲いかかりました。その強さはかなりの強さで魔法も武器を介してですが、その上にパワーもあるという厄介この上ない難敵だと感じました。クロコダインにボコボコにされるダイ、マアムの光で復活しそうですが続きが楽しみです。
20代男性

ハドラーとの戦いの後、ポップはアバンを失ったショックが続きよほど慕っていたのだなと思いました。一方ダイは魔王ハドラーとその先の大魔王を倒すべく、デルムリン島から旅立とうとしてます。ポップも結局付いてきて、一路ロモス王国へ向かいます。その後はポップに関して情けないシーンが続きます。まず『魔の森』と呼ばれるところで道に迷ってしまう所とポップが魔の森で迷った際にモンスターに放ったメラ系の呪文が完全に効いてなく再度襲われてしまう所と中マァムが現れ「詰めが甘い」と言われシーンと獣王クロコダインが現れたシーンでダイは立ち向かいますが、ポップは逃げてしまうのでしっかりしてほしいなと思った話でした。
30代男性

マァム、クロコダインがでてきますがクロコダインの声が僕的にはすごくよかったと感じましたがネットだと賛否両論みたいですね。個人的には満足でした。後はポップのヘタレ演技も上手くて良かったです。マァムとポップの出会いのシーンなども新しい映像で見ることができ、またポップの声優さんの演技のおかげで違和感なくみれてとても満足でした。魔弾銃が出てきましたが活躍の時間が短く今回活躍シーンが省かれないでよかったです。
30代男性

7話「マァムの想い」(11/14)

マァムが突然ダイを攻撃したことに驚くポップ。だがじつは、彼女が放った魔弾銃の弾丸にはまひを治す呪文「キアリク」がつまっていた。それによってダイのまひは回復。さらにマァムの攻撃でクロコダインが一瞬ひるんだ隙を突いて、ダイはクロコダインの左目に一撃を食らわせる。負傷したクロコダインはその場から撤退していった。 ピンチを脱し、ネイルの村へとやって来たダイとポップは、マァムとアバンの間につながりを知る。なんと、マァムの両親はかつてアバンと共に戦った仲間であり、魔弾銃はマァムがアバンの修業を受けた際、卒業の日に彼からもらったものだったのだ。「正義なき力が無力であるのと同時に、力なき正義もまた無力」。そんなアバンの教えを守って村を支えてきたマァムに、ダイとポップはアバンの死を伝えられない。しかし、マァムは偶然そのことを知ってしまう。 村の長老から魔法の修業を受けて成長を感じたダイは、翌朝、ポップと共に村を発つことにする。そしてマァムも、彼らと共にアバンの遺志を継いで戦うことを決心する。ダイとポップは、彼女を新たな仲間として温かく迎えるのだった。三人のアバンの使徒は、ロモス城を目指す――。 そのころ、クロコダインのもとに、妖魔士団の軍団長・妖魔司教ザボエラが助力を名乗り出ていた……。

7話の感想(ネタバレあり)

魔弾銃はその物騒な名前ながら、実はホイミとかキアリクとかいった回復系呪文も使えるというのがとても便利ですね。こんなアイテムを戦士のマァムが持っているのですから尚更頼もしいですし、これを開発したアバン先生を改めて尊敬したくなります。簡単な回復呪文はマァムが、強力な攻撃呪文はポップが補充するようにすれば戦力大幅アップなのではないでしょうか。残るダイも自分なりの呪文開発をし始めたので、この村で3人は一気に強くなれた気がします。
30代男性

マァムがダイにむけて撃ったのが、マヒを治す「キアリク」だったので、やっぱりマァムにもちゃんと考えがあって撃ったことに確信を感じたのと、信じていたことがあっててホッとできました。マァムの頼もしさを改めて感じます。一方でダイ達はマァムにアバン先生の死を告げないでいたので、このまま知らないまま行くのかと思いきや、偶然マァムがアバン先生の死を知ってしまって落ち込む姿がとてもかわいそうでした。でもそこからがマァムらしくて、ダイ達とともにアバン先生の仇を討つとひそかに自分1人で決心する姿はとてもカッコいいなと思いました。
30代女性

クロコダインとの戦いで『ヒートブレス』によってマヒになったダイにマァムが魔弾銃で放ったものが前話では水色だったので、ヒャドだと思いましたが『キアリク』であると言っていてゲームでもこんな風に出るのかなと面白みがありました。ダイが今回のクロコダインとの戦いで呪文が使えなくなったことを不利に思い、『メラ』を覚える際に地面に落ちてしまった火を力技で投げて放つ姿に面白みを感じました。あとポップがマァムの事を女に感じた瞬間、恋愛の要素もあり今後が楽しみに感じました。
30代男性

ポップがクロコダインから逃げたことがばれてしまって怒られていた所は自業自得だなと思いました。マァムがアバン先生と一緒に戦った仲間の娘だったということは驚きました。マァムの魔弾丸はアバン先生から渡されていたことはアバン先生は本当に有能です。ポップがマァムを意識しだして笑い、マァムはアバンの死を知ってショックを受けていてアバン先生のことが本当に好きなんだなと感じました。マァムが追いかけてきて一緒に旅に出ることになって良かったです。
30代女性

8話「百獣総進撃」(11/21)

夜遅くロモス城下町に到着したダイたちは、宿で一晩を過ごすことにする。ダイはその宿で、かつてデルムリン島にやって来たニセ勇者パーティーと再会する。 そして夜明け。ダイたちは町中に響き渡る獣たちの咆哮で目を覚ます。クロコダインが百獣魔団のモンスターたちを率いて総攻撃を仕掛けてきたのだ。すぐさま宿を飛び出していくダイ。マァムもポップを連れダイを追おうとするが、ポップは怖気づいてしまっていた。失望したマァムはポップを置いて、単身でダイを追いかける。 ロモス城の大広間では、ダイとクロコダインが対峙していた。マァムもそこに駆け付けたるが、クロコダインはザボエラから渡された魔法の筒を取り出す。中から現れたのは、なんとブラスだった! マホカトールで守られたデルムリン島の外では大魔王の魔力に支配されてしまうブラスは、自らを見失い、ダイのこともわからず襲い掛かる。しかしダイは、たった一人の家族であるブラスに反撃することができない。さらにクロコダインの最強技・獣王痛恨撃を食らい、ダイはついに倒れてしまう。

8話の感想(ネタバレあり)

ポップが逃げ出したくなるのは分かりますが、主人公の相棒ポジションなのに本当に逃げ出してしまったのはビックリでした。でも相手があんな見るからに強そうなクロコダインですから、逃げてしまってもそんなに責める気になれないんですよね。「ダイが本気を出せば何とかなるから大丈夫」というのも確かにそんな感じで、その言い訳に甘えたくなってしまいます。でもダイにしてみればポップがいるのといないのとでは全然違うのだとも思います。何だかんだでダイに頼りにされていると思うんですよね、ポップは。だから今からでも彼の所に駆け付けてあげてほしいです。
30代男性

クロコダイン達が攻めてきて、すぐに助けに向かうダイとは対照的に、ポップは怖がって助けに行こうともしない様子がとても情けなく感じました。また、クロコダインがザボエラから与えられていた秘策が、ダイの弱点ともいえるブラスじいちゃんだったのが、とても卑怯だと思いました。ダイがいつもの力を存分に発揮できないままクロコダインの思うようにやられていくのが、見ていてとても歯がゆい思いでいっぱいになりました。ダイがどうやってこのピンチを切り抜けるのか、次回がとても気になります。
30代女性

ダイたちが偽勇者たちと宿で会ったときの偽勇者たちの焦りようは笑いました。クロコダインがロモスを攻撃してきたときはかなりのモンスターを引き連れていて、さすが百獣魔団だなと感じました。偽勇者に同意しているポップは少し気持ちは分かりますが、友達が戦っているのにほっておくのはさすがにダメだろう。ザボエラはクロコダインをけしかけてブラスじいちゃんを使って攻撃させて相変わらず卑怯な手を使うなと思いました。
30代女性

9話「ひとかけらの勇気」(11/28)

クロコダインの獣王痛恨撃により大きなダメージを受けたダイ。ダイを救おうとするマァムもまた妖魔司教ザボエラ が操るあくまのめだまによって縛り付けられてしまった。その様子をニセ勇者パーティーの魔法使い・まぞっほに見せられたポップだが、それでも恐怖心に打ち勝てず動けないでいた。そんなポップに、まぞっほが語りかける。「胸に勇気のかけらが一粒でも残っているうちに早く行け」と。その言葉に背中を押されたポップは、ついに城に向かって走り出した。 クロコダインがダイにとどめを刺そうとしたそのとき、ポップが大広間に到着した。恐怖に震えながらも、クロコダインに立ち向かっていく。クロコダインの硬い身体でポップのマジカルブースターの宝石部分が砕かれてしまうが、それはポップの作戦だった。ポップはそのかけらで魔法陣を作り、マホカトールを発動する。彼の狙いは、ブラスを邪悪な意志から解放し、ダイが思いっきり戦えるようにすることだったのだ。  その思いに応えるようにダイは再び立ち上がる。額には竜(ドラゴン)の紋章が浮かんでいた。ダイとクロコダインはそれぞれの最強技で激突。戦いを制したのはダイだった。敗れたクロコダインは卑怯な策に手を染めたことを悔い、ダイの強さと、ポップの勇敢さを讃えるのだった。

9話の感想(ネタバレあり)

ようやくポップの活躍シーンが見られた気がして嬉しかったです。それを後押ししたのが意外にもあのうさん臭い老魔法使いだったというのも面白かったですね。脱落者だからこそ、今そうなりそうな若者に対して言えることがあったという事でしょうか。あのお爺さん自身はポップに発破をかけるだけで、自分は行かないというのがまたいいですね。あそこで皆でゾロゾロ駆け付けるのではなく、あのポップがたった一人であのクロコダインのいる戦場に飛び込んでいくというのが、彼の持っていた勇気を良く表していたと思います。
30代男性

ポップが意を決してダイ達を助けに行った姿に、よく決意した!と拍手を送りたくなりました。マホカトールという呪文でブラスじいちゃんを元に戻し、ダイがブラスじいちゃんのことを気にせず戦えるようにしてくれたポップの考えと勇気ある行動に感動しました。今まで怖じ気付いていたポップが嘘のようにカッコよかったです。また、友達を傷つけられたダイの怒りに反応してまたあの紋章が額に表れ、アバンストラッシユを放つ時のダイは、バックにアバン先生がついているかと思うほど強く、そしてかっこよかったです。
30代女性

クロコダインの獣王痛恨撃はすごい威力だなと思いました。ポップは偽勇者一行の魔法使いマゾッホから、真の勇者とは打算なきものだと言葉をかけられ勇気が残っているうちにと励まされて、自分の愚かさを知り向かったときはマゾッホは意外としっかりしていていいこと言うなと思いました。本当の勇気とは何なのか考えさせられました。ポップはクロコダインに失せろと言われたけれども勇気を出してクロコダインに向かっていくところはとても良かったです。
30代女性

10話「いざパプニカ王国へ」(12/5)

クロコダインとの激戦に勝利したダイたちは、レオナを救うためパプニカ王国を目指す。パプニカを有するホルキア大陸は、かつて魔王の居城があった大陸であり、魔王軍から不死身の軍団が送り込まれて、最大の激戦区となっているという。パプニカに着いたダイたちが目にしたのは、想像を絶する光景であった。

そのころ、鬼岩城ではハドラーが全軍団長を招集していた。氷炎魔団の氷炎将軍フレイザード、超竜軍団の竜騎将バラン、魔影軍団の魔影参謀ミストバーン、そしてザボエラ。クロコダインを除く五人の軍団長が集うはずだったが、一人足りない。どうやら残りの一人は、バーンの命を受けてダイの討伐に向かったらしい。

一方、レオナを探す一行はモンスターに取り囲まれるが、白い外套をまとった男が大地斬で敵を蹴散らし助けてくれた。新たなアバンの弟子の登場を喜ぶダイたち。しかし、男はそんなダイたちを一笑に付す。なんと彼こそが、バーンからダイ抹殺の勅命を受けた不死騎団の軍団長・魔剣戦士ヒュンケルだったのだ。彼はかつてアバンに師事したが、正義の非力さに失望してその身を魔の道に染めたのだという。ダイはヒュンケルに向かっていくが、アバン流刀殺法を知り尽くすヒュンケルには、アバンストラッシュすらも通用せず……?

10話の感想(ネタバレあり)

ドラクエの基本パーティといえば勇者・戦士・僧侶・魔法使いというイメージですが、マァムが戦士と僧侶を兼ねているので3人で完結なのかと思っていました。しかしどうやら戦士枠はこのヒュンケルが担うような感じですね。アバンの使途で、さらにイケメン剣士ですし。悪の道に堕ちた者が主人公との戦いによって正義の心を取り戻すというのも王道ストーリーの一つなので、このヒュンケルという剣士には是非ともダイ達の仲間になってもらいたいです。
30代男性

前回の話でクロコダインを撃破し、勇者としての第一歩を踏み出したダイと仲間たち。いよいよ本格的な冒険を予感させる出だしで、これからが楽しみです。一方敵方の魔王軍の6大団長も明らかになり、倒すべき敵たちの姿も見えてきてこの強敵たちとダイがどのようにして戦っていくのかますます目が離せません。さらにパプニカに到着したダイを待ち受けていた、アバンの一番弟子を名乗る不死騎団長ヒュンケル!この強敵にダイ一行がどう立ち向かっていくのか?次回が早く見たいです。
40代男性

11話「魔剣戦士ヒュンケル」(12/12)

ダイのアバンストラッシュはヒュンケルには通用しなかった。 アバンとその弟子に対する強い憎しみに燃えるヒュンケルは、「鎧の魔剣」をまとってダイたちにぶつかっていく。 あらゆる攻撃呪文をはじく最強の鎧は、ダイ、ポップ、マァムの三人がかりの攻撃もものともしない。 いったいなぜ、ヒュンケルはそんなにもアバンを憎むのか?

マァムが疑問を投げかけると、彼は自身とアバンの過去を語り出した。 ヒュンケルは、魔王軍のモンスターである地獄の騎士バルトスに育てられた身だった。

しかし、バルトスはアバンによって命を奪われてしまう。ヒュンケルは父の仇を討つために、アバンに弟子入りをする。 修業を経て力を付けたヒュンケルは、独自に編み出した必殺剣・ブラッディースクライドでアバンを攻撃するが、返りうちに合う。 そうして死にかけていたところをミストバーンに救われて魔王軍に加担したのだった。 過去を語り終えたヒュンケルがダイにとどめを刺そうとしたそのとき、クロコダインが現れ、満身創痍のダイとポップを戦線から離脱させる。 ヒュンケルはクロコダインを倒し、戦場に残されたマァムを人質にしてダイたちをおびき寄せることにする。

11話の感想(ネタバレあり)

ヒュンケルがダイと同じくモンスターに育てられた子供なのだと知って驚きました。デルムリン島だけで起きていた出来事ではなかったんですね。モンスターが人と会話できる世界ですから、人とモンスターが友好的に接する事象は意外と世界のあちこちで秘かにあったのかもしれません。そしてモンスター側から見れば勇者こそが悪なんだという話も出てきて、この難しい話をどう決着させるのかと興味が湧いてきました。ダイとポップがどんな言葉で説得するのか注目ですね。
30代男性

ヒュンケルの圧倒的な強さに手も足も出ないダイ。そこに追い打ちをかける様に最強の鎧を身に着け、ますます手強い相手になってしまい、本当にダイたちに倒せるのかと不安になります。そして語られたヒュンケルのアバンを憎む理由。敵キャラながら悲しい過去があり、同情したダイはさらにピンチに追い込まれ、そこに現れた敵だったはずのクロコダインが助けにくるという熱い展開に感動し、さらにクロコダインの涙にも感動しました。ピンチを逃れたダイたちが無事ヒュンケルを倒し、マァムを助ける事が出来るのか?またまた次回が楽しみです。
40代男性

12話「ふたりのライデイン」(12/19)

クロコダインの加勢で、辛くも戦線から離脱したダイとポップ。二人の前に、レオナのお付きの剣士・バダックが現れる。彼は二人を介抱すると、レオナには最強の賢者三人が付いているから、きっとどこかで生きているはずだと告げる。戦いのさなか語られたヒュンケルの過去に動揺し、紋章の力を発揮できなかったことを落ち込むダイに対しポップは「ヒュンケルを倒さないと、マァムもレオナも救えない」と叱咤。二人は、もう一度力を合わせて戦うことを誓い合った。

そして翌朝。圧倒的な力を持つヒュンケルに対抗するべく策を練ったポップは、ダイに電撃呪文(ライデイン)を使うことを提案する。しかし、ライデインは勇者のみが使える呪文で、ダイはまだ使うことができない。そこでポップは、二人で協力してライデインを放つ方法を考えだす。半日以上の特訓を経てようやく呪文をものにしたダイとポップは、マァムを救出するため、ヒュンケルの居城・地底魔城へと乗り出す。闘技場でヒュンケルと対峙した二人は、特訓の成果を活かしてライデインを発動する。

12話の感想(ネタバレあり)

ドラクエで勇者が使う呪文といったらライデインなわけですが、この作品でもダイがしっかり使ってくれるので嬉しくなりました。雷の呪文がかっこいいですよね。映像にしてみると、上空から雷が落ちてくるよりも自分の手から炎などを出す方が個人的には派手に見えていいなと思ってしまいましたが……。ゲームでもライデインは特別ダメージが大きいというものでもないので、あれを食らったヒュンケルがあっさり負けてくれるところなど全く想像できません。もしかしなくてもライデインは決定打にならないのでは? そうなると、やっぱり最後は紋章の力が必要になってきそうな予感です。
30代男性

ヒュンケルの最強の鎧の対抗策に、雷系呪文のライディンを習得する為に修行に入ったダイとポップ。やはり初少年マンガには修行が欠かせませんね。その一方で、ヒュンケルを説得しようとするマァム。とても優しい心の持ち主なのだなと感じました。修行を終えヒュンケルの待つ地底魔城に潜入してダイたちは、罠にはまりながらも今一度ヒュンケルに立ち向かい、何とかふたりのライディンを当てる事が出来ました。でもヒュンケルを倒すことが出来たのか・・・。そしてマァムが開けた宝箱の中身は・・・?ますます目が離せない展開になってきました。
40代男性

13話「決着の瞬間」(12/26)

ライデインを受けたヒュンケルだったが、その肉体はダメージを耐え抜いた。渾身の魔法も破られてしまったダイは、ヒュンケルが放ったブラッディースクライドをくらい、意識を失ってしまう。そのとき、闘技場にマァムが現れ、隠し部屋で見つけた「魂の貝殻」をヒュンケルに手渡す。そこにはバルトスの遺言が収められていた。彼の命を奪ったのはアバンではなくハドラーであり、アバンがヒュンケルを引き取ったのはバルトスの最後の願いだったことを知る。アバンは、ヒュンケルが自分を恨んでいたことを知りながら、見守り続けていたのだ。突如明かされた真実に、ヒュンケルは激しく動揺する。一方ダイは、無意識状態のまま立ち上がり、剣と魔法を合わせた魔法剣を編み出す。剣に雷をまとったダイの新技「ライデインストラッシュ」は、ヒュンケルの鎧を粉砕。ダイはついにヒュンケルに勝利する。ダイに敗れたヒュンケルはマァムの優しさに触れ、自らの過ちを悔いるのだった。しかし、アバンの使徒が真に心を通じ合わせたのも束の間。彼らの前にフレイザードが現れ、地底魔城がある火山の噴火を誘発させる。ヒュンケルは最後の力を振り絞りダイたちを火山から脱出させると、マグマの中に消えていった。

14話「氷炎将軍フレイザード」(1/9)

激闘の末に、不死騎団長ヒュンケルに勝利したダイたち。ようやく分かり合えた兄弟子を失った悲しみを抱えながら、一行は再びレオナを探すことにする。バダックの助言を受けて、神殿の地下倉庫にあった信号弾を上げると、ダイたちの前にパプニカ三賢者の一人・エイミが気球に乗ってやって来た。エイミによると、レオナはバルジの島に身を寄せているらしい。レオナはじめパプニカの人々は気球を連絡船として、島の中央に立つ塔を拠点に反撃の機をうかがっていたのだ。ダイたちは気球に乗って、急いでバルジの島へと向かう。精神的にも肉体的にも追い詰められつつある兵士たちを束ね、勇者ダイの到着を待ちわびていたレオナの前に、ダイよりも先に氷炎将軍フレイザードが現れる。パプニカ三賢者のアポロとマリンが応戦するが、フレイザードは火炎呪文(メラゾーマ)を5発同時はなつフィンガーフレアボムズで圧倒。レオナは絶体絶命の危機に陥る。だが、そのとき、ダイが到着する。

15話「恐怖の結界呪法」(1/16)

レオナを守るため、そしてヒュンケルの仇を討つため、フレイザードに立ち向かっていくダイ。彼の魔法剣はフレイザードにも通用し、右腕に大きなダメージを与えることに成功する。しかし、フレイザードは腕を再生し、自らを構成する岩石を放つ氷炎爆花散で反撃する。それは攻撃技であると同時に、氷炎魔団・不敗の戦法、氷炎結界呪法を発動する合図でもあった。あたり一帯に強力な結界陣をはるこの呪法のために、ダイたちは呪文を封じられ、力が発揮できなくなってしまう。ピンチを悟ったマァムは冷静に撤退を持ちかけるが、ダイはそれを受け入れられない。するとフレイザードは、ダイたちを足止めすべく、レオナを伝説の禁呪法で氷漬けにしてしまう。あまりに残忍なたくらみに、ダイは激しい怒りにかられる。しかし、マァムは再度、撤退して体制を立て直すことを提案。それでも戦おうとするダイをやむなく気絶させて、気球でその場を脱出する。フレイザードは追手を放ち、気球を攻撃するが、あわや海に墜落かと思われたそのとき、崖に開いた洞穴から何者かが魔法を放って追手を撃退する。なんとか無事に陸地に降り立ったポップたちが洞穴に入ってみると、そこにいたのはマトリフという老人だった。

ダイの大冒険(アニメ)声優キャストまとめ

ダイ/CV:種﨑敦美

ポップ/CV:豊永利行

マァム/CV:小松未可子

レオナ/CV:早見沙織

アバン/CV:櫻井孝宏

ヒュンケル/CV:梶裕貴

ブラス/CV:緒方賢一

ゴメちゃん/CV:降幡愛

ハドラー/CV:関智一

クロコダイン/CV:前野智昭

フレイザード/CV:奈良徹

ミストバーン/CV:子安武人

ザボエラ/CV:岩田光央

バラン/CV:速水奨

バーン/CV:土師孝也

ドラゴンクエスト ダイの大冒険は、U-NEXT(ユーネクスト)なら無料で見放題です!

\31日間無料でお試し/

31日以内の解約で完全無料[1,990円→0円]

2021年冬アニメ一覧【現在放送中】

現在放送中の2021年冬アニメ(1~3月期)の見逃し動画配信を、無料で見る方法をわかりやすく紹介しています。

各記事ではアニメのあらすじや声優情報もまとめているので、見たいアニメを選ぶ際の参考にしてみてください!
月曜日
アズールレーン びそくぜんしんっ!WAVE!!~サーフィンやっぺ!!~
ウマ娘 プリティーダービー 2期裏世界ピクニック
おそ松さん 3期真・中華一番! 2期
たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語とーとつにエジプト神
火曜日
ゲキドル転生したらスライムだった件 2期
PUI PUI モルカーブラッククローバー
文豪ストレイドッグス わん!ワールドウィッチーズ発進しますっ!
ワンダーエッグ・プライオリティ
水曜日
アイ★チュウエビシー修業日記
オルタンシア・サーガ回復術士のやり直し
装甲娘戦機七つの大罪 憤怒の審判
BEASTARS魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編
Re:ゼロから始める異世界生活 2期
木曜日
五等分の花嫁∬SHOW BY ROCK!!STARS!!
天地創造デザイン部Dr.STONE 2期
2.43 清陰高校男子バレー部ひぐらしのなく頃に業
約束のネバーランド 2期ゆるキャン△ 2期
金曜日
アイドールズ!WIXOSS DIVA(A)LIVE
おとなの防具屋さん俺だけ入れる隠しダンジョン
カピバラさんキングスレイド
キャップ革命ボトルマン蜘蛛ですが、なにか?
D4DJ First Mixバック・アロウ
プレイタの傷ポケットモンスター(2019~2020)
弱キャラ友崎くん幼女社長
土曜日
SK∞ エスケーエイト怪病医ラムネ
ダイの大冒険はたらく細胞!! 2期
はたらく細胞BLACK半妖の夜叉姫
ホリミヤワールドトリガー 2期
日曜日
IDOLY PRIDEEX-ARM エクスアーム
怪物事変じみへんっ!!~地味子を変えちゃう純異性交遊~
進撃の巨人 The Final Seasonスケートリーディング☆スターズ
デジモンアドベンチャー:のんのんびより のんすとっぷ
魔道祖師ミュークルドリーミー
無職転生 ~異世界行ったら本気だす~八十亀ちゃんかんさつにっき
闇芝居ワンピース